読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらのVPS2台をPoundで負荷分散

まず、さくらVPS2台をローカルネットでつなげます。
やり方は前回書いたので参考にしてください。
さくらVPSでローカルネットワーク設定 - 城好きwebプログラマーの生態メモ - 仕事編


今回は下記の環境で、server1にPoundをインストールして分散処理するようにします。

グローバルIP ローカルIP
server1 111.111.111.111 192.168.1.1
server2 222.222.222.222 192.168.1.2
Pound設定

server1に対して行います。
Poundのインストール

# yum --enablerepo=epel -y install Pound


Poundの設定

# vim /etc/default/pound
startup=1
# vim /etc/pound.cfg
ListenHTTP
    Address 111.111.111.111     # グローバルIP 
    Port 80
End

Service
    BackEnd
        Address 192.168.1.1   # ローカルIP
        Port    8080
    End

    BackEnd
        Address 192.168.1.2    # ローカルIP
        Port    8080
    End
End

簡単に説明すると、ポート80のHTTPアクセスを受けたサーバー1がBackEndのところで設定したサーバーへポート8080で渡す、ということをしてます。

あとは、確認して起動させます。

# pound -c -v
# /etc/init.d/pound start


これでPoundの準備はできました。

webサーバー設定

先ほどPoundの設定で行ったようにポート8080で受けるように設定します。
これはserver1、server2両方とも設定します。

Apacheでもいいんですが、自分はnginxを使います。

nginxのインストールは以前書いたのでよかったら参考にしてください。
http://work.castleman-blog.com/entry/20110826/1314364283

# vim /etc/nginx/nginx.conf
Listen 8080;

# /etc/rc.d/init.d/nginx restart


これで分散処理の設定は完了です。

ブラウザでアクセスして、ログを見るとアクセスが分散されているのが分かるかと思います。

広告を非表示にする